CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
Art Products
Knowledge
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊

【3】織のあるネイティブスケープ Chapter three - the "Nativescapes" with textile

【第三回】織のあるネイティブスケープ展
ららぽーと福岡: 2022年6月15日(水)~7月4日(月)
旧寺崎邸   : 2022年7月9日(土)~7月25日(月)

「織って何だろう?」

うなぎの寝床では、これまでに福岡の久留米絣をはじめ、日本各地にある織物、例えば播州織、備後節織、遠州織、福山デニムなどを、現代風のMONPE(もんぺ)に仕立て、商品として紹介してきました。織物、織り方には様々な種類や産地の特徴があること、そしてこれらの織物をもう少し深く掘り下げて見ていくと、「織物」の歴史を紐解くためには「編み」という技法についても知る必要があるということもわかってきました。

第三回目は、「織のあるネイティブスケープ展」。

「これも織物?」「あれは織物なの?」という疑問を抱くことから始まり、産地の特性、製法の違いや実際の肌ざわりを体感し、織のあるNativescape (ネイティブスケープ)と出会うことで「織の世界」を研究していきましょう。

◯Nativescape (ネイティブスケープ)とは
「ネイティブ(その土地固有の)」と「ランドスケープ(風景)」を足した造語。
うなぎの寝床では、地域固有の文化と物語(ネイティブ)を重んじながら、未来へとつないでいく人々がいる風景(ランドスケープ)をネイティブスケープと定義しました。

 

◯企画展の開催情報はこちら

 

− 織のあるネイティブスケープ −

 

読み込み中…