CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
Art Products
Knowledge
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊

【2】ゴムのあるネイティブスケープ Chapter two - the "Nativescapes" with rubber

【第二回】ゴムのあるネイティブスケープ展
ららぽーと福岡: 2022年5月25日(水)~6月6日(月)
旧寺崎邸   : 2022年6月11日(土)~6月27日(月)

「あれもゴム、これもゴム、それはゴム?」
うなぎの寝床は「ゴム」のあるNativescape (ネイティブスケープ=地域固有の文化と物語を重んじながら、未来へとつないでいく人々がいる風景)を研究しています。

ゴムと聞いてまずはじめに頭に浮かんでくるものは何ですか?
少し考えてみただけでも、車のタイヤ、ゴム長靴、ゴム手袋、輪ゴム、消しゴム、ゴムベラと、身近なところに色んな生活必需品があります。

では「ゴム」と「地域」が密接にかかわっている場所と聞いて、どんな所を思い浮かべますか?
天然ゴムの生産高世界上位なのは、タイやインドネシアですが、 国内にはゴム産業にかかわる企業が多く、「ゴムのまち」と言われている久留米もあります。

第二回目を「ゴムのあるネイティブスケープ展」と題し、スニーカーや運動靴を製造するメーカー「ムーンスター」をはじめとするゴム製造会社とゴムのまち「久留米」の関係性を軸として、「ゴム」のある「ネイティブスケープ(地域固有の文化と物語を重んじながら、未来へとつないでいく人々がいる風景)」を研究します。

◯Nativescape (ネイティブスケープ)とは
「ネイティブ(その土地固有の)」と「ランドスケープ(風景)」を足した造語。
うなぎの寝床では、地域固有の文化と物語(ネイティブ)を重んじながら、未来へとつないでいく人々がいる風景(ランドスケープ)をネイティブスケープと定義しました。

◯企画展の開催情報はこちら

 

– ゴムのあるネイティブスケープ – 

【1】 「ゴム」と「久留米」と「うなぎの寝床」と

読み込み中…