国東半島手ぬぐい ケベス祭り

型染家とデザイナー

ハイブリットな作家

国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
国東半島手ぬぐい ケベス祭り
品番11130004
色・柄//
素材綿/
つくりて
地域大分・国東市
取扱店舗旧寺崎邸/
サイズ幅(W)90×奥行き(D)35[cm]
仕様綿100%
お手入れ洗濯の際に色が出る場合があります。使い始めは他のものと分けて洗ってください。
  • 手染めの為、色の出方が1点1点異なります。ご了承ください。
  • ご覧になっているモニター環境などにより実際の色と異なって見える場合があります。
  • 実店舗でも同時に販売しておりますので、タイミングによっては欠品の場合がございます。万が一欠品していた場合にはご連絡させていただきます。予めご了承ください。
  • ギフトが複数ある場合は、梱包数と同数を選択してください。(組み合わせが複数ある場合は、通販注文時の備考欄に記入してください。)
大分国東市,

国東半島手ぬぐい ケベス祭り

現在品切れ
15,000円(税込)以上で送料無料※ 一部適応されない商品があります。

よつめ染布舎・ケベス祭り / 地域のお祭りや風習をてぬぐいで表現している

国東半島のお祭りなどを図案にして型染めした手ぬぐいシリーズです。ケベス祭ケベス祭(けべすさい)は、大分県国東市国見町櫛来の岩倉社で毎年十月十四日に行われる火祭り。起源も由来も不明の奇祭。岩倉社の境内に設けられた燃え盛るシダの山を守る白装束の「トウバ」と、そこに突入しようとする奇怪な面を着けた「ケベス」が争う。「ケベス」は何度も突入を試み、ついに九度目で成功して先が二股に分かれた棒で火柱上がるシダの山をかき回し火の粉を散らす。その後「トウバ」も火のついたシダを持って境内を走り回り、参拝者を追い回す。この際に火の粉を浴びると無病息災になるといわれるが、加減のない「トウバ」の追い回しに参拝者は逃げ惑う。参拝者の叫び声が夜空にこだまし、巨木に囲まれた岩倉社の境内は、神火に包まれ幽玄な火祭りは最高潮に達する。

つくりて紹介

よつめ染布舎

型染・デザイナー/大分県国東市
全4商品

染物工房よつめ染布舎の小野豊一さんは1982年広島生まれ。実家は明治28年創業の豊栄堂染工場。広島芸術専門学校グラフィックデザイン科卒業。経営・商品開発・プロモーションなど、家業を継ぐにはあらゆる面でデザイン的思考が必要…

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
ギフトボックスGift Box
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊