火の神

起き上がり小法師

ビヨンビヨンビヨン

火の神
火の神
火の神
火の神
火の神
火の神
火の神
火の神
品番11030003
色・柄/
素材/
つくりて
地域福島・会津若松市
取扱店舗旧寺崎邸/
サイズ直径(φ)2.5×高さ(H)3.5[cm]
※個体差がありますので概寸です。
仕様和紙、膠、胡粉、合成うるし、粘土
  • 手仕事の品なので、写真に近いものを仕入れておりますが 一点一点微差がございます。あらかじめご了承ください。
  • ご覧になっているモニター環境などにより実際の色と異なって見える場合があります。
  • 実店舗でも同時に販売しておりますので、タイミングによっては欠品の場合がございます。万が一欠品していた場合にはご連絡させていただきます。予めご了承ください。
  • ギフトが複数ある場合は、梱包数と同数を選択してください。(組み合わせが複数ある場合は、通販注文時の備考欄に記入してください。)
福島会津若松市,

火の神

現在品切れ
15,000円(税込)以上で送料無料※ 一部適応されない商品があります。

山田民芸工房・会津若松市

この「起き上がり小法師」は福島県の会津民芸品の中では最も古くから作られています。400年前の藩主・蒲生公が無役の藩士にこれらを作らせ正月に売り出したのが始めと伝えられています。現在でも会津では毎年正月に初市が立ち、小法師を売り出しますが、「会津起き上がり小法師」は七転び八起きといって「転んでも転んでも起き上がる」というところから身体は小さいが、健康忍耐をあらわしいつも元気で働かれるよう、また家族や身上(財産)が増えるよう、家族の人数より1個多くお買い求めて、家内安全を祈りながら神棚に飾り正月を祈る風習があります。

つくりて紹介

山田民芸工房

郷土玩具/福島県会津若松市
全4商品

「会津三縁起」と呼ばれる「起き上り小法師」「風車」「初音」は会津伝統の縁起物で、福島県会津若松地方で、安土桃山時代の頃に領主の蒲生氏郷公による殖産振興のため、職人を呼び寄せ藩士に玩具・人形を作らせて正月に売り出すようにな…

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
ギフトボックスGift Box
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊