CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
Art Products
Knowledge
ギフト/贈りものGift
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊

【草花器 五十八】 ナズナ・ホトケノザ kusahana utsuwa 12

ナズナ・ホトケノザ

土手や草むらなど、この時期色んなところにいるナズナとホトケノザ。

ナズナは線が細いのでなかなか目には留まりにくいかもしれませんが、ピンクの花のホトケノザは、いつも春になってくると「なんかあの辺に一気にピンクが増えたな」と思ったらだいたいこの花だったりします。両方とも旧丸林本家の裏や、旧寺崎邸の庭や駐車場、あちこちにいます。

だいたいセットみたいに近くに咲いてたので、ざっくりとまとめて一緒にいれました。壺の表面、流れている釉薬の色味との相性かなと思ってこの壺に。

 

器   :壺 中 流し
つくりて :風見窯 / 福岡県
日にち : 2021/02/27

【草花器について】

私の実家にはよく花が活けてありました。
活けるというほど大袈裟ではなくて、玄関とトイレに母がいつも置いてくれていて、庭に咲いているものがぽんと器に入れてありました。

「こんな花あったっけ?どこに咲いてた?」「じいちゃん家の方の裏に咲いてるよ」
「この花が咲く季節だねぇ」「この時期に帰ってくるのは久しぶりじゃない?」
とか、帰省するとこんな会話をします。

草花は華やかに飾る必要はなく、庭とか道端とかにある花と、とにかく水が溜まる入れ物(器)があれば、それで十分だと思っています。もちろん、お気に入りの花を花屋さんとかで1本2本買うことも。

どこかから切ってきてくれた花とか、お店の庭とか駐車場とかにある草や花を、とにかく私も母みたいにぽんと入れてみようかなと思います。  神田

*タイトルの隣の数字は、1月1日を【1】として元日から撮影日まで数えた日数を記載しています。日々は1日1日が重なっていくようにも感じるので、1年を通して数えてみようと思います。

読み込み中…