荒井工芸所

郷土玩具/福島県会津若松市

「赤べこ」は福島県会津地方で作られる牛の張り子人形で、「べこ」とは東北地方の言葉で牛のことを指します。安土桃山時代、領主蒲生氏郷公による殖産振興政策で、職人を呼び寄せ藩士に玩具・人形を作らせるようになったのが始まりとされています。赤べこの由来は諸説ありますが、大地震で壊れた円蔵寺の再建の時に活躍した赤い牛の伝説が由来とされています。赤は魔除けの効果があり、子どもが丈夫で元気に成長するよう祈願して贈るのが会津の下級武士の習慣で、子供を災難から守るお守りとして親しまれてきました。荒井工芸所は、元々武士の家柄で江戸時代から張子作りを行ってきました。赤べこや柿渋べこなどを製造しており、現在は荒井啓安さん、美枝子さん夫妻が制作にあたっています。赤べこは、木の型に和紙を張り、型抜き、背張り、下地塗り、染め、絵付けの工程で作られます。時代が進む中で、全工程手作業へのこだわりは変わらず一つ一つ丁寧に作り続けています。

福島県のつくりて 全4社

福島県会津若松市
郷土玩具

荒井工芸所

「赤べこ」は福島県会津地方で作られる牛の張り子人形で、「べこ」とは東北地方の言葉で牛のことを指します。安土桃山時代、領主蒲生氏郷公による殖産振興政策で、職人を呼…

赤べこ 小
福島県会津若松市
会津塗商社

関美工堂

福島県会津若松市の関美工堂は全国の競技会、審査会などで成績優秀者に授与される表彰記念品(楯、トロフィー、メダルなど)の企画、製造、販売を行う会社として1946年…

NODATE mug 紅緋
福島県会津若松市
郷土玩具

山田民芸工房

「会津三縁起」と呼ばれる「起き上り小法師」「風車」「初音」は会津伝統の縁起物で、福島県会津若松地方で、安土桃山時代の頃に領主の蒲生氏郷公による殖産振興のため、職…

起上り小法師 豆
福島県会津若松市
会津木綿工場

HARAPPA

株式会社はらっぱは、120年生産を続けた会津木綿工場の原山織物工場の事業を継承するため、2015年3月にヤンマ産業の山崎さんと織元が共同で設立します。2019年…

no image