土佐打刃物 黒鳥

鍛冶屋/高知県高岡郡四万十町

黒鳥は、包丁や鎌、鉈、斧、鍬など、用途や使う人に応じて多様な打刃物をつくる野鍛冶です。明治初期に安芸市黒鳥村の鍛冶屋「本家黒島」の三番弟子・梶原平次さんが四万十町に移り住み「分家黒島」として創業しました。土佐国・高知県の鍛造は、鎌倉期に伝わった刀鍛冶から農業や山林用の打刃物へと発展し、木材が収益源となった江戸期に頑丈な刃物づくりの技術が向上し、土佐打刃物と呼ばれるようになりました。造林鎌・枝打ち鉈など林業用刃物を中心に製造してきた黒鳥は、板金や大工などの仕事を経て家業に入った6代目の弘資さんが土佐打刃物の自由鍛造の技術を継承しています。つくる刃物に応じて鉄やステンレスなどの適した鋼材を選び、鍛造、研磨、柄の取り付けまで一貫生産しています。鍛造ができる銀三やV金のステンレス鋼材を使うことで、錆びにくく、研ぎ直しができるステンレス包丁もつくるなど、打って叩いて自由な形の刃物づくりの技術を活かし、時代にあった刃物づくりを行っています。

高知県のつくりて 全2社

高知県須崎市
木製品製造

土佐龍

高知県は面積の約8割が森林の日本一の森林県です。土佐龍は地元高知のヒノキや桜、楠などの木材から商品をつくるメーカーで、幼少期に山の手入れに駆り出された経験をもつ…

no image
高知県高岡郡四万十町
鍛冶屋

土佐打刃物 黒鳥

黒鳥は、包丁や鎌、鉈、斧、鍬など、用途や使う人に応じて多様な打刃物をつくる野鍛冶です。明治初期に安芸市黒鳥村の鍛冶屋「本家黒島」の三番弟子・梶原平次さんが四万十…

no image
読み込み中…