角館イタヤ工芸

イタヤ細工/秋田県仙北市

秋田県仙北市角館町にある角館イタヤ工芸は、イタヤカエデの若木の幹を帯状に裂いて手作業で編む、イタヤ細工の工房です。材料のイタヤカエデは秋田の山地に自生するの落葉高木です。角館のイタヤ細工は、今から200年以上前は農家の副業として、農具用の箕(み)や魚籠などの道具がメインで作られていました。現在は道具籠や笊、イタヤ馬などを製作しています。3代目の佐藤定雄さんは1956年からイタヤ細工に携わっており、妻の智香さんと智香さんの姪の本庄あずささんの3人で作っています。原木から削り出された帯状の薄板は製品ごとに均一な太さ、薄さに揃えられ、しなやかさを備えた材料で丁寧に編んでいきます。設計図はないため、長年の職人の経験が必要です。その他、山葡萄や胡桃の樹皮細工など秋田県周辺でとれる材料を使った編組細工もしています。それらの材料も年々と採れなくなり貴重なものとなってきました。使い込むほど味わいが増す籠作りの技術を受け継いでいます。

秋田県のつくりて 全3社

秋田県大仙市
樺細工

冨岡商店

1970年創業の冨岡商店は秋田県大仙市で樺細工の製造をしています。樺(カバ)は野生の山桜の樹皮の事を指し、18世紀末に佐竹北家により、秋田県北部の阿仁地方から角…

no image
秋田県仙北市
イタヤ細工

角館イタヤ工芸

秋田県仙北市角館町にある角館イタヤ工芸は、イタヤカエデの若木の幹を帯状に裂いて手作業で編む、イタヤ細工の工房です。材料のイタヤカエデは秋田の山地に自生するの落葉…

no image
秋田県湯沢市
漆器メーカー

川連漆器 寿次郎

川連漆器は、秋田県湯沢市川連町周辺で約800年前の鎌倉時代に、豊富な木材と漆を利用し家臣の内職として武具の漆塗りから始まり、江戸時代後期に碗・膳・重箱など日用品…

no image