萩ガラス工房

ガラス研究・製造/山口県萩市

山口県萩市にある萩ガラス工房は、地元笠山で採掘した石英玄武岩を原料としたガラス製品の製作を行なっています。萩では江戸時代末期に産業奨励を目的としたガラス製造が行なわれていましたが火事で製造所が消失し長い間途絶えていました。大阪でセラミック製造会社を営む藤田洪太郎さんは1992年(平成4年)に故郷である萩に工房を構え、古文書を紐解いて萩ガラスを復刻させました。日本のガラス作りの多くがガラス素材を購入して製作を行なうため産地ごとの特色がほとんど見られない中、地元産出の鉄分含有量が高い原石から得られる緑色のガラスや、カリガラスと呼ばれる硬質の丈夫なガラスなど産地の特色が表れています。また、国内でもここだけでしか作られていない内ひび貫入ガラスは、熱膨張率の緻密な計算と高い技術で手間暇かけて作られています。100年後200年後の人が見ても恥ずかしくないものづくりをしたいと日々挑戦をし続けています。

山口県のつくりて 全1社

山口県萩市
ガラス研究・製造

萩ガラス工房

山口県萩市にある萩ガラス工房は、地元笠山で採掘した石英玄武岩を原料としたガラス製品の製作を行なっています。萩では江戸時代末期に産業奨励を目的としたガラス製造が行…

モールオールド