【シリーズ紹介】大阪・泉州産地のタオルメーカー「神藤タオル」

1907年創業の大阪・泉州地域のタオルメーカー、神藤タオル。
自社独自の織りの開発や加工によって生まれる様々なタオルは、日本タオル産業発祥の地、泉州で培ってきた技術をもとに創り出されています。また、その背景には、神藤タオルのものづくりに対する姿勢・思想のようなものが隠れています。

今回は、神藤タオルのものづくりに触れながら、うなぎの寝床でお取り扱いする3つのシリーズ「YUKINE」「2.5-PLY」「INNER PILE」をご紹介します。

◯神藤タオルの商品一覧

◯なりたちからみる二大タオル産地、泉州・今治。

 

– 神藤タオルのものづくり –

「古い機械だからいいの?」
職人の技を活かすタオルづくり

神藤タオルでは、泉州タオルの特徴を継承しつつ、職人の経験や技術により生み出した自社独自の織り方を開発し、これまでになかったような特徴のあるタオルを展開しています。YUKINE、2.5-PLY、INNER PILE、それぞれ全く異なる織り組織でできたタオルをつくるために、昔ながらの織機であるシャトル機レピア機が使われています。

「昔ながら」や「ビンテージ」という言葉には曖昧な部分があると思います。その言葉が付くだけで、なんとなくそのものに価値が加わるような気がします。本当に「昔ながら」だから良いのでしょうか?

神藤タオル代表 神藤貴志さんは以下のように述べています。

「インナーパイルタオルや2.5重ガーゼタオルは、古い機械でしかつくれない」と言うと、みなさん、なんとなく納得してくださるのですが、「それは何故か?」というところまで突き詰めていくと、古い機械は、職人の「技」を活かしきることができるからなのです。

神藤タオルの真のオリジナリティは、半世紀以上前の古い機械を現役で使えるように維持・メンテナンスをしている職人のルーティーンや品質管理、さらに、その人にしかできない経験や技術から生み出されたものです。

神藤タオル HP

古い機械を使い続ける理由は、職人の技を活かしきるため。人の手によってメンテナンスされ、時には職人の発想を活かして改造もできるという「自由度・余白」をひとつの武器にして、神藤タオルではタオルづくりをしています。

「昔ながら」という言葉の曖昧な価値を突き詰めるその姿には、神藤タオルが100余年続く技術を大切にしながらも、ただ単に継承するのでなく常にそこに疑問を投げかけ、「本当にいいタオルとは何か」を探求してゆく姿勢が反映されているのではないでしょうか。

 

 – 独自の技術で生まれる3つのシリーズ – 

YUKINE : 後ざらしを追求したパイルタオル

2.5-PLY GAUZE : 2.5層の特殊なガーゼタオル

INNER PILEガーゼ+パイル。ガーゼでパイルを挟み込んだ3層構造。

 

■ YUKINE

泉州タオルの特徴「後ざらし」を追求。綿本来がもつ吸水性を最大限に引き出す。

YUKINEは、泉州タオルの最大の特徴である後ざらしによる高い吸水性を追求したパイルタオルです。後ざらしとは、織り上がったあとのタオル生地を漂白する工程のことを指します。これにより、織る過程でついた糊や不純物を洗い流し、清潔で柔らかく、使い始めから優れた吸水性をもったタオルが生まれます。

YUKINEは、この後ざらしの工程に倍の手間をかけて、不純物を極限まで取り除き、綿本来がもつ吸水性を最大限に高めています。洗濯をするごとに、ふんわりと柔らかな風合いになっていきます。握ったときの「キュッキュッ」という感触に、まるで初雪を踏みしめたときのような心地よさを感じたことから「雪音(YUKINE)」と名付けられました。

【サイズ】 フェイスタオルミニバスタオルバスタオル
【色】 akahaikimidorishiro

 

■ 2.5-PLY GAUZE

2.5層ガーゼ。吸水性、速乾性、やわらかさのバランスを追求

2.5-PLY GAUZEは、3重ガーゼの真ん中の生地を半分にするという特殊ガーゼ織りによって生まれる「2.5重ガーゼタオル」です。3層構造の真ん中部分を半空洞にすることで、吸水性を持ちながら、かさばらず、速乾性にも優れ、ふんわりと柔らかな風合いとなっています。

【サイズ】 ハンディタオルバスタオル Mバスタオル L
【色】 Mix BeigeMix CharcoalWhiteMix Navy(ハンディタオルのみ)

 

■ INNER PILE

ガーゼとパイルの良さを兼ね備えたタオル。ボリュームがあって軽く柔らか

INNER PILEは、両面のガーゼにパイルを挟み込んだ特殊な生地のタオルです。表面のガーゼによる優しい肌触りと、中心のパイルが持つ高い吸水性を兼ね備えています。中心のパイルが中綿のような働きをして、表面はさらっと、中はふっくらとした風合いになっています。

INNNER PILEは現在代表の神藤貴志さんの祖父の代で開発されました。シャトル織機を使い、熟練の職人が手間暇をかけて織り上げていきます。

【サイズ】 ミニタオルフェイスタオルバスタオル
【色】 CharcoalIvory

 

職人の技や発想と、それを活かす機械。
神藤タオルの独自の技術によって生まれる様々な特徴のタオルを、用途や好みに合わせてお選びいただけたらと思います。