facebook
twitter

【イベント】”オンリーワンショール”誕生のきっかけはベルト式力織機

4月 21st, 2019

【イベント】”オンリーワンショール”誕生のきっかけはベルト式力織機

tamaki niimeのショールといえば空気を含んでくれるようなふんわりした柔らかさと軽さが特徴のショールですが、その体感とは対照的に作られたのが”オンリーワンショール”です。
このショールはtamaki niimeのブランドを立ち上げて6年目(2010年)にベルト式力織機を織元さんから譲り受けたのがきかっけで誕生しました。ベルト式力織機はビンテージ織機(1965年製)です。それまで織元さんの工房で眠っていた織機だったので、修理して織れるように動かし出すまでとても苦労されたそうです。
この頃、玉木さんの構想の中で「tamaki niime」といえば、第一のキーワードがショールをつくる、第二は自分で織れるようになることでした。播州織の産地である兵庫県西脇市にいる意味にもつながると、玉木さんは短期間でベルト式織機の織り方を修得されます。また、今までと同じショールをつくるのでは面白くないと、細い糸を4本に束ねて1本にして織り上げ、抱き心地がよく、凹凸感と重量感のあるショールを作り出しました。それがオンリーワンショールです。
ショールの長さは約2メートル。端から端までが一つのデザインです。1台の織機で4・5枚ほどしかつくることができません。実際に身に纏うと包み込まれているような安心感があります。

玉木さんの繊細な感覚と、豪快で自由な発想で織られるショールたちをぜひ企画展でご覧ください。田中

 

【tamaki niimeの通販】
http://shop.unagino-nedoko.net/?mode=grp&gid=2021589

【tamaki niime ×うなぎの寝床コラボもんぺ】
http://urx.space/Tmdk

【企画展】
http://unagino-nedoko.net/tamaki/

 

tamaki niime流 モノづくりの歩み展
会期: 2019年4月26日(金)~2019年5月6日(月)
会場:旧寺崎邸2F
時間: 11:30-18:00
休み:会期中休みなし
住所:福岡県八女市本町327
電話:0943-24-8021

出張tabe room ~みさきごはん~
tabe roomでいつも料理を振舞われているみさきさん。そのみさきさんが体に優しい調味料とお野菜のみで創った昼食を食べながらのトーク会です。西脇の食材や調味料、さらに八女周辺の旬の食材も使っていただきます。tamaki niimeの食に対しての思いや、社員食堂から始まったtabe roomの活動について、お料理の内容紹介やレシピ公開などなど。質疑を交えてざっくばらんにお話しする会です。

開催概要
日時 2019年5月4日(土)
時間 1回目11:30-13:00/2回目13:30-15:00(各回定員15名)
場所 うなぎの寝床 旧寺崎邸
参加費  2500円(みさきさんのランチ付、お料理のレシピ公開します!)
参加方法  要予約
予約方法  専用予約フォームよりお申し込みください。→http://unagino-nedoko.net/tamaki/

 

 


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.