facebook
twitter

【日々のこと】半製品の状態のダイナミックな板を見て、触って欲しい。

3月 20th, 2015

9

半製品の板の状態。
そして、木にも向きはあるんだ。
そりゃーそーだ。

今、うなぎの寝床には長ーい(3Mほど)の板がどーんと置かれています。もっとどーん!となるイメージだったのですが、この土間に置くべくして置いたかのようにすっきり収まってしまいました。大体一枚板の家具など売りにしてやっている家具屋さんなどもありますが、完全に製品になっているものを見かけることが多いでしょう。これは、関内さんの工房にあったものをあえてあまり手を加えずに持ってきてもらいました。半製品という感じの状態でしょう。あまり普段の生活でこういう状態の木に触れる機会もないと思いますので、触れてみてください。椅子も準備して、お茶も準備してます。お気軽にどうぞ。
そして、よくよく考えたら当たり前なのですが、関内さんや大工さんなどは木の向きを結構気にするようです。この写真の木で言うと、手前が太くて、奥にいくにつれて、少し細くなっていっています。はじめは逆に置いていたのですが、関内さんが遠慮がちに「もしよければ、逆にしませんか?」と、なぜだか聞いてみると木の向きがあるからです。入り口から入って、根っこの方からすーっと伸びたように見える方が良いのではないかと。一度向きを意識しはじめると、すごくしっくりきて、逆にそうじゃないと気持ち悪くなりました。

その時関内さんが例にあげてくれたのは、柱。元々木が植わっていたように床面に刺さっている部分が根っこ側、天井に設置している部分が枝葉側ということになります。確かにこれは逆だとなんか気持ちが悪いですね。昔建築に携わっている人から「昔の大工さんは木が植わっていた方角で、そのままの向きを意識しながら家の柱を立てるんだよ。」と聞いたことがあります。それが日の当たり方など、自然だから。他の国もそうしているかはわかりませんが、なんだか日本人的な感覚なのかなと感じました。

展示会は来週の日曜日まで。水曜日はお休みです。どうぞお越しください。

◯ 関内潔さんと 板から考える 展

日程:3月19日(木)- 3月29日(日)
時間:11:30 – 18:00
休み:3月25日(水)
会場:うなぎの寝床

〒834-0031
福岡県八女市本町西古松267
電話 0943-22-3699
Url http://unagino-nedoko.net

板になる現場を見る 見学会

現地集合、現地解散。関内さんと角さんの製材の仕事を眺めるという見学会です。1時間〜2時間を予定しておりますが、終わり次第終了です。

参加無料
日程:3月28日(土)
時間:13:00〜
会場:伊藤木材工業
〒834-0031 福岡県八女市大字蒲原112番

白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.