紙袋を有料化いたします。

「紙袋はご入り用ですか?」とお声掛けをさせて頂きます。

現在うなぎの寝床では、商品をお買い上げいただく際に、お店のロゴ印を押した無料のクラフト紙袋に商品をお入れしていました。

私たちも普段の生活の中で色々なところで買い物をしますが、最近では紙袋をもらわない人や、包装せずにそのまま受け取るという方も増えてきていると感じます。そして、うなぎの寝床の店頭でも、お客様がマイバックをお持ちでそのままお渡しすることも増えてきました。

そこで、現在お渡ししている紙袋についてスタッフで話をしてみました。
プラスチック袋の有料化は、環境への配慮や資源について考えた上での事とされていますが、紙袋はどうなのだろうか?同じことではないのだろうか?資源は有限であること。なぜ自分たちは考えて行動していないのか?そもそも紙袋は本当に必要なのか?などと、色々と話し、意見交換をして、私たちは今まで無料でお渡ししていた紙袋について見直しを進めることにしました。

とはいえ、いきなり紙袋を「0」とするのではなく、「使うこと自体を悪とはせずに使う」ということを考え、私たちうなぎの寝床のスタッフを始めお客様と一緒に考えられる有益なしくみにするにはどうしたらいいだろう、と考えました。

まずは『紙袋はご入用ですか?』とお客様にお尋ねすることで、私たちうなぎの寝床のスタッフもお客様とともにその都度、意識し考えて取り組めるように。
また、紙袋自体を考え直し、環境や資源を考慮した規格に沿ったもので制作しました。そしてかかる費用の一部を有料化することで、この紙袋はほんとうに必要なのか?とお客様にも一緒に考えて頂けたらと思っています。

今回の紙袋有料化と平行して、現在繰り返し使っていただける久留米絣のマイバックの制作もおこなっており、販売を予定しています。
当たり前のように使い続けていた紙袋について、今一度意識を改めて取り組みたいと思っています。
うなぎの寝床の取り組みにご協力頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。


【紙袋の仕様について】
●FSCミックス紙:FSCが認めている適格な原材料(FSC100%、FSCミックス、FSCリサイクル、FSC管理木材、回収原材料)が複数使用されている紙です。
FSCについて:https://jp.fsc.org/jp-jp
●ベジタブルインク:再生産可能な大豆油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム油等植物由来の油、及びそれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油を使用したインクで印刷。


上記の内容を考えた紙袋に変更した上で2021年11月15日から有料化とさせていただきます。
※一部大型袋に関しては順次準備中

手提げ袋(小・中):1枚 20円
紙袋:1枚 10円
※大きな手提げ袋は移行期間でクラフト手提げ袋を使用中です。1枚 20円