【コラム】寿司の盛り直し。家でもちょっと豊かに。

佐賀県の伝統工芸品PRの仕事を数年前やっていた。そこで提案したコンセプトはニューノーマル(なんと、こんなニューノーマルという言葉が世の中に広がるとはおもわなかったが)、貴重な「https://new-normal.life」というドメインを僕らは保有している。笑

という前段は置いておき、このニューノーマルで提唱したのは、伝統工芸品を伝えていくときに、商品開発をしたり、つくる方を劇的に変えていくのは有機的ではないので(つくれる量も限られるし、あたらしものを生活者がどんどん求めているとも思えない)、生活者(つかいて)の意識と、くらしを変えていこうという取り組みを行った。唐津焼や有田焼なども、新たに開発するというよりも、それが家にあって、コンビニで買ってきたお惣菜でも、スーパーで買ってきた寿司でも、少し一手間加え、それを唐津焼の器や有田焼の器に、盛り直したら全然違うんじゃないか?という提案を行ってみたのだ。

もう3年が過ぎようとしているのか、なんともなつかしいが、この概念自体は結構大事だと思っていて、家での食事というのは、毎日が素晴らしいわけではないし、毎日が素晴らしくあるべきとも思わない。疲れていて何もしたくない時もあるだろう。それでいいんだ。うん、それでいいんだ。みんな言い聞かせながら生活をしている。

話を戻すと、この寿司も盛り直しだ。スーパーで買ってきたものを上野焼のオーバルに盛り直した。それでもやっぱり、おーという感じにはなる。手仕事や地域のものづくりを僕は賞賛するわけじゃないが(本当は賞賛するべき立場だけど)、やはり、量産品ではない、味みたいなものは地域でつくられている器にはあって、それを使うための提案や工夫は僕らがやらないといけない仕事なんだなーと、この撮影やニューノーマルという事業をやっているときに感じたことだ。

ていねいな生活ができれば、もちろん素晴らしい。でも、全てていねいな生活というのは、やはり相当意識をもってないと実現できない。ていねいとずぼらを行き来しながら、自分なりの生活を獲得していくことが、今の時代の豊かさなのかもしれない。

うなぎの寝床・代表 白水 高広

オーバルと上野焼(oval / agano)
上野焼協同組合×うなぎの寝床 受注販売会

■開催情報■
日時:3月11日(木) – 3月22日(月)  ※火・水休み
時間:11:00-17:00
会場:うなぎの寝床旧寺崎邸
〒834-0031 福岡県八女市本町327
電話:0943-24-8021
ホームページ:https://unagino-nedoko.net

■ 商品ラインナップ ■

オーバル皿
特大=11,000円(約W25.1cm×約D31.4cm×約H1.2cm)
大=8,250円(約W21cm×約D26.3cm×約H1.1cm)
中=3,300円(約W16cm×約D18.5cm×約H0.9cm)
小=1,650円(約W10.5cm×約D12.2cm×約H0.6cm)

オーバル深皿=11,000円(約W26cm×約D31.5cm×約H2.6cm)

カップ
大=2,750円(約W5.5cm×約D6cm×約H7.5cm 満水約150ml / 水位8割 約120ml)
小=2,200円(約W5.5cm×約D6cm×約H4.8cm 満水約100ml / 水位8割 約80ml)

箸置き=550円(約W4.5cm×約D1cm×約H0.5cm)

カトラリーレスト=1,100円(約W8.7cm×約D1.3cm×約H0.5cm)

※価格は全て税込です。
※サイズは概寸で、一点一点微差があります。

■受注について■
・商品1点から受注が可能です。
・納品には約3ヶ月お時間をいただきます。
・3/22(月)までの期間後、まとめて発注させていただきます。
・電話やメールでの受注も承ります。