【商品紹介】うなぎの寝床のあったかグッズ。

【商品紹介】うなぎの寝床のあったかグッズ。
1月20日は大寒。二十四節気のひとつで一年の中で最も寒い時期と言われています。
暖冬とはいうものの、寒い日が続く今日この頃。春が待ち遠しい季節ですが、今回はうなぎの寝床で扱っている冬に使ってあたたかいグッズをいくつか簡単ではありますがご紹介したいと思います。

筑後のわた入れはんてん
大正2年創業の宮田織物。うなぎの寝床では以前から宮田織物のわた入れはんてんを販売しており企画展も毎年行なっています。宮田織物はもともと久留米絣織元でした。戦後広幅織機を導入し50年以上に渡りわた入れはんてんを筑後の工場で自社生産しています。はんてんのシルエット、中わたの配合率、生地のデザインや肌触りなど、あたたかいだけでなく、着た人が気持ちいいと感じることができるはんてんを作っています。部屋着としてはもちろん車の運転時やアウター代わりに着てみるのも良いと思います。コートなどと違って重くなく、ふわっと羽織れます。
宮田織物/福岡県筑後市
通販:http://unagino-nedoko.net/?p=20246&preview=true
はんてんを着て、コタツでみかんを食べるのももちろんアリです。


ヘルメット潜水のやわらか湯たんぽ
ヘルメット潜水のやわらか湯たんぽは、ウェットスーツ素材(クロロプレンゴム)を使用しており、触った時に柔らかく肌触りが良いのが特徴です。カバーなしで使えて低温やけどもしにくいです。
そしてもうひとつの特徴はいろんな形があることです。一般的な丸い形以外に、履いて温まる足用や、肩こりや目の疲れもほぐしてくれる肩用・目用があり、用途に応じて使うことができます。
足用はそれを履いて歩くには重くて不向きなので、寛いでいる時や座って作業している時に使ってもらうのが良いと思います。寒くて仕事や勉強に集中できないということも解消されるのではないでしょうか。
ヘルメット潜水という不思議な会社名は潜水法の一種で、その装備一式を創業初期に販売していたことからルーツを忘れないようにとの思いでつけられたそうです。
ヘルメット潜水/大分県国東市
通販:https://shop.unagino-nedoko.net/?mode=cate&cbid=1648399&csid=13&sort=n


香川の手袋
昨年末から旧寺崎邸店頭にて販売を始めたばかりの手袋です。香川県といえばうどんや小豆島などが有名ですが、実は手袋の一大産地なのです。国内で製造される手袋の9割を占めているそうです。その歴史についてはまた別の機会に詳しくご紹介できればと思います。
うなぎでは3社の香川の手袋を紹介・販売していて、今回はそのうちの2社の手袋をご紹介します。

まずは福田手袋。女性の手を引き立てる美しいシルエットとカラーバリエーションの豊富さが特徴です。日本で手袋といえば防寒具として捉えられることが多いですが、欧米では女性のファッションアイテムの一つとして定着しています。そのため、熟練職人による高品質な手袋が海外の目に留まり、欧米向けの女性用ファッション手袋の製造が主となったのだそうです。タッチパネル対応なので手袋をはめたままでのスマホ操作が可能です。
福田手袋/香川県東かがわ市
通販:https://shop.unagino-nedoko.net/?mode=grp&gid=2153812&sort=n


次はクロダ。国内の革手袋の分野で約20%シェアを誇るクロダ。こちらはレザーグローブを中心に作っています。うなぎの寝床でも革製品が少しずつ入ってきました。
革は種類、部位によって特性が違い、クロダの手袋はその違いを熟知した職人によって作られています。ピケ縫いと呼ばれる難しい技法で作られ、着用した時に内側のごわつきが少なく、指がすっきりと長く見えます。裏地がカシミヤ100%のものは、手を入れた時かなりあたたかいです。
クロダ/香川県東かがわ市
通販:https://shop.unagino-nedoko.net/?mode=grp&gid=2153818&sort=n

もう1社、ダイコープロダクト(香川県さぬき市)の手袋もありますが、只今通販販売準備中です。こちらはバイクや自転車の運転時や土いじりなどで威力を発揮してくれそうな機能的な手袋が揃っています。通販販売開始までしばらくお待ちください。
手袋はうなぎの寝床2号店旧寺崎の店頭でも買えます。お近くの方はぜひ実際に手にとってはめてみたり、商品の違いや、産地のことなど知ってもらう機会になればと思います。贈り物にもいかがでしょうか。


うなぎの寝床のもんぺした
「はらまき へやばき したばき」の3WAYで使用できるうなぎの寝床オリジナルの腹巻機能付き綿100%レギンスです(腹巻と裾リブ部分にポリウレタン配合)
寒い冬でもMONPEを穿いて快適にあたたかく過ごせるようにと考えてリリースしました。肌当たりがよく、裾リブ付きなのであたたかい空気が逃げにくくなっています。ゴム編み・リブ編みと呼ばれる編み方のため、綿100%でありながらストレッチが効いています。長めのスカートやワンピースの下に穿くのも良いです。プレゼント用にお買い求めの方も多いようです。
実際に製品を作っているのは東京蔵前にあるyohaku。元々は秋田の自社工場で肌着の生地の生産・卸をしていましたが、現在は肌触りの良い服づくりや、工場に眠っている廃棄されてしまう糸や布などを使った「再生シリーズ」、その土地にある織物や染めなどの技術を伝える「産直シリーズ」などさまざまな取り組みをされています。
うなぎの寝床/福岡県八女市
yohaku/東京都台東区鳥越
通販:https://shop.unagino-nedoko.net/?mode=cate&cbid=1407739&csid=11&sort=n

まだまだ寒さは続きます。皆様どうぞ風邪などひかれませんよう、あたたかくしてお過ごしください。鬼木