【商品紹介】椿うるおい

▽椿うるおい(椿石鹸)

創業約八十年の久留米の石鹸メーカー「まるは油脂化学」が、原料から製造、商品化までとことんこだわって造った椿石鹸。赤ちゃんや、アトピー・敏感肌で悩む人などに喜ばれるよう、合成界面活性剤、酸化防止剤、合成着色料、保存料などを一切使用しない石鹸を造り続けているまるは油脂化学の商品だからこそ、安心してオススメできます!

◎原料について
長崎五島の天然ヤブツバキを主原料に使用したこだわりの椿石鹸「椿うるおい」。椿うるおいの原料は、契約農家から買い取った無農薬栽培の椿の実を天日で干し、湧き水と薪を使用して蒸し、合成溶剤を使わずに昔ながらの玉締め式の圧搾法で絞った椿油です。こうして絞った純度の高い一番搾りの油だけを使用しています。

◎石鹸になるまで
ひと釜ごとに材料を仕込んで釜だき、枠練り、長期熟成という昔ながらの製法で、仕込みから完成まで九十日間かけて造られます。塩水で不純物を除く「塩析」の加減はまさに職人の経験と勘によります。最後はアルカリ性分が抜け低刺激になっているかを舌で確かめ、長期熟成によりさらに純度を高めます。

◎石鹸について
椿油の大半を占めるオレイン酸は、不飽和脂肪酸の中でも参加しにくく、日本人のきめ細かい肌にも馴染みやすいと言われています。肌のうるおいを奪うことなくしっとりと洗い上げ、適度な油分が肌を健やかに保ちます。まろやかな泡立ち、型崩れしにくく、優しい香りがリラックスを誘います。

※石鹸の包装紙について
石鹸の呼吸をさまたげず、品質を保つため、石鹸の包み紙には椿の実の搾りかすを漉きこんだ八女の手漉き和紙が使用されています。

20g (紙袋) 1050円
50g (木箱) 2625円 ←添付写真はこれ!
50g×2(木箱) 5250円
260g (木箱) 10500円

 
Facebookを日々更新しています。
Twitterでシラとハルのつぶやきを。

 

2013/1/19