来民うちわ。季節外れだけど。

8月27日(月)〜9月1日(土)は仕入れのためにお休みします。ご迷惑おかけします。

僕は大学生のころからエアコン、テレビがない生活をしていた。夏は暑いのが当たり前と思っていたのでなんともなかったのだが、うちわはイベントや駅前で貰うものを重宝していた(いいとは思っていなかったのだが)。 一人暮らしのベットでゴロゴロと人生の夏休みを送りながら、うちわでパタパタと自分を扇ぐ夏の日々を過ごしていた。
筑後地方へ移り住み、お隣である熊本県の山鹿にある来民うちわの存在を知った。3年間ほどその存在を知りながら、なかなか訪れる機会がなく手にとることはできなかったが、ついに今年の6月に購入してみて、夏の間中使ってみた。形も、素材感も、団扇という機能も僕はとても好きだった。もう団扇のシーズンは終わったと思うが、紹介の意味でも5種類ほどの大きさと形の団扇を2〜3本ほどずつ入荷させて頂いた。

今日は大川のお酢屋さんと、八女の独楽屋さんを回る。

◎出張うなぎの寝床 in 長野

期間:2012年 9月6・7・8日 / 9月13・14・15日
場所:わざわざ
住所:長野県東御市御牧原2887-1
時間:11:00 – 16:00
電話:0268-67-3135
URL:http://www.waza2.com

◎概要
うなぎの寝床は、福岡の手仕事でつくられた生活用品を扱うお店です。 拠点にする福岡県八女市は、お茶として有名でありながら、 伝統工芸やものづくりが盛んな地域でもあります。 長野で暮らす方々に、九州・福岡のものづくりを少しでも知って頂けますように。

twitter – うなぎの寝床の日常を。
facebook – 写真などもストック中。

2012 / 8 / 30
白水