facebook
twitter

【地域のガラス】八女石で作った八女ガラスは、萩ガラスより濃い緑

8月 16th, 2019

あと3日!裏山の石から生まれる 緑のガラス工芸展

http://unagino-nedoko.net/hagiglass/

ガラスは石からできている、そして特別な石でなければできないわけではありません。近くの川原にある石やお庭にある石、どんな石からでもガラスは作れます。
 
と言うことで八女の石灯籠に使われている、凝灰岩で加工がしやすい『八女石』をガラスにしてみました!すると萩ガラスと近い緑色になりました。ガラスの色は石に含まれる鉱物によって決まります。緑色は鉄分の色だそうで、八女石は萩の石英玄武岩の3倍も鉄分が含まれていました。より濃くて深い緑色のガラスになるようです。色味が濃い分、石の含有量が多くなってしまうと黒くなってしまうため、八女石の割合は20%ー40%に調整してガラスにするのがいい塩梅なのだそうです。石の含有量別のガラスも作っていただいたので是非見に来てください。
 
ちなみに僕の地元である香川県で取れた庵治石でガラスを作ると深い青色になるそうです。まだまだ日本では地域の石を使ってのガラス作りはごく稀ですが、その土地の石の色を見ることができるって面白いですよね。お茶産地の八女の石が濃い緑だというのも面白い結果でした。前田

〜うなぎの寝床 企画室のFBページで企画展情報配信中!〜
↓こちらもチェックしてください。
https://m.facebook.com/unagi.kikaku/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【萩ガラスの通販】←通販開始しました!
https://shop.unagino-nedoko.net/?mode=grp&gid=2081924
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯裏山の石から生まれる 緑のガラス工芸展
– 萩ガラス工房の取り組み –
2019年8月2日(金)~18日(日)
会場:うなぎの寝床 旧寺崎邸
休み:火曜・水曜休み
時間:11:30-18:00
住所:福岡県八女市本町327
電話: 0943-24-8021
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.