facebook
twitter

【イベント】オーダーするボーダー展 ~G.F.G.S.~

9月 22nd, 2018

【イベント】オーダーするボーダー展 ~G.F.G.S.~

限定された中で見出される独自のクリエイティブ
音楽・ラボ・ボーダー・機械・舞踊・アーティスト

G.F.G.S. の代表 小栁さんにお会いしたのは、産地の祭典という燕三条で行 われているイベントでした。出店していたブースが隣で、ロックな作り込み をされたボーダーの商品のみの展示。そこには金髪の方がいて不思議なブー スでした。僕は「怖いから近づかないでおこう」となるべく避けながら近く をウロウロしていたのですが、そうだ!ここの代表の小栁さん(金髪の人) とトークイベントをしなければいけないのでした。怖い人だったらどうしよ う。どうしよう。人見知りの僕は内心焦りながら、でも挨拶だけはしておこ うと声をかけてみました。そしたら、服にというより、自分たちが生み出す 物や環境に対してのスタイルとイメージを確立された方でした。もともとは ハサミをつくる職人をされていて、ものづくりにとても誠実なロックな方で す。それが小栁さんの最初の印象であり、僕の感想です。舞踊家やアーティ ストなどともコラボしながら作品を発表し続けています。

 

Good feel, Good style. 自分たちのスタイルでやれることを。
この考え方は、生き方であり、今後の可能性である。

ラボを見せてもらうと、よこ編機が 2 台と、ミシン。とてもシンプルな工場で あり、普通セーターなどを編む機械なのですが、それで T シャツやロン T を 編むという業界の人からみたら奇想天外なやり方をされています。一つ一つ、 ボーダーの色柄のオーダーをとり、100% 完全受注生産でやっています。この ボーダーというクリエイティブを限定して、そこで何が表現できるのか?とい う割り切りもとても潔くて、何にでも手を出してしまう僕としては羨ましくも
思います。G.F.G.S.さんは、作り手というより、クリエーターであり、デザイナー であり表現者なんだなと思います。僕もいろんな産地と工場をみますが、こ んなところははじめてです。そして、日本でものづくりをしていくヒントが G.F.G.S.さんに隠されているような気もしています。good feel, good style. 自 分たちの感覚を信じて、自分たちでスタイルを作っていこうという意思を感じ ます。ぜひオーダーしにいらしてください。(白水)

「受注会の流れ」

0.首元の形を選ぶ(boat neck・crew neck)
1. サイズを選ぶ(男女兼用の5サイズ)子供サイズ(80・100・120)
2. 袖丈を選ぶ(長袖・七分袖・五分袖)
3. ボーダー幅を選ぶ(16mm×8mm・10mm・20mm・40mm・100mm・単色)
4. カラーを選ぶ(14色)全体の色とボーダーの色 ※秋冬の新色もあります。

ORDER BORDER !(オーダーボーダー)

 

———————————————-
オーダーするボーダー展 ~G.F.G.S.~

日時:2018/10/5(金)~10/14(日)
11:30~18:00 火・水休み
会場:旧寺崎邸2F
住所:福岡県八女市本町327
電話:0943-24-8021
———————————————–


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.