facebook
twitter

二軒隣の木工作家 – 国武秀一さん

6月 12th, 2012

第一段の仕入れが終わり、少しほっとしている。明日からは大分への旅へ。

今回ご紹介するのは、うなぎの寝床の二軒隣の木工作家、国武秀一さん。カトラリーやお盆、お皿、箸などを中心に、家具なども製作している。スプーンやかんざしなど小物のかわいらしいものもすごくいいのだが、僕らのお店では暮しの中でも使う機会が多い、箸と皿を扱わせて頂くことにした。家の玄関をあけると国武さんの工房から「コン コン コン」と鑿を振るう音が聞こえる。写真のお皿は昔僕が購入していたもの。今回は高さや大きさなど調整したものができあがるのだ!楽しみ。

今日は久留米と小郡へ。

そこまで重くなく、使いやすいお皿。そして箸。質感も気持ちが良い。


机の上にはいろんな道具が。どの工房もそれぞれの道具があっておもしろい。

Facebookを日々更新しています。
Twitterでシラとハルのつぶやきを。

2012 / 6 / 12
白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.