facebook
twitter

【ハルの動き】瑞穂窯の納豆鉢ができるまで(簡易版)

11月 3rd, 2014

うなぎの寝床のバイヤーでもあり店長でもあるハルは、いろんな作り手のもとへ商品を選びにいきます。つくる行程などを理解したり、その時の窯の状況などを聞いたりと、作り手とコミュニケーションをとっています。今回は瑞穂窯の納豆鉢ができるまでを簡単に写真で紹介。四コマ写真です。

納豆鉢は、そもそもうちのオリジナルでもなんでもなかったのですが、お店をオープンした時に「面白いねー。」なんていって販売してみると、うちでは結構ちゃんと買ってくれるお客さんがいて、今では定番の品となりました。ガツっと握れて、グルグルと納豆を混ぜやすい。そんな逸品です。シラ

では、ハルがとった写真をどうぞ。

スクリーンショット 2014-10-11 15.13.25
素焼きの状態。

スクリーンショット 2014-10-11 15.13.38
藍のなっとう鉢。 まず小代の釉薬をスポイトでサッと掛ける。

スクリーンショット 2014-10-11 15.13.50
こんな感じ。この上から藍の釉薬を…。

スクリーンショット 2014-10-11 15.14.06
出来上がるとこうなる。

ハルのインスタ解説。


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.