宮田織物 / しじら(福岡)

全2商品

経糸の配列にこだわった宮田織物のしじら織

しじら織で思い浮かぶのは、徳島の阿波しじら。日本の伝統的な夏素材として浴衣、甚平等に使われています。藍で先染めされた糸を使用しシボを出すために経糸の張力差を二本ごとに規則正しく設計し、製織、湯もみ作業を行い糸のちぢみが独特な表情のシボ感が出ます。宮田織物は、そのシボ感を持ちながら夏素材としてもっと肌に柔らかく、軽い生地は出来ないかと開発を続けて来ました。糸は通常の反応染料で染めた糸を使用。経糸は40/2と60/2で配列し緯糸に30/1の糸を使い、経糸の組み合わせを不規則な配列に設計してレピア織機で織り上げ、自然な柔らかさと軽量な織物に仕上げています。

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
UNA PRODUCTSUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
ギフトボックスGift Box
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊