やさしい猫

やさしい猫
やさしい猫
品番70001788
出版 中央公論新社
著者 中島京子
出版年月日 2021年8月19日
サイズ 四六判
ページ数 416ページ
ISBN 978-4-12-005455-6
配送方法 レターパックライト
他商品と合わせてご購入いただく場合はレターパックプラス、もしくはゆうパックを選択してください。
取扱店舗 うなぎBOOKS
  • ご覧になっているモニター環境などにより実際の色と異なって見える場合があります。
  • 実店舗でも同時に販売しておりますので、タイミングによっては欠品の場合がございます。万が一欠品していた場合にはご連絡させていただきます。予めご了承ください。
  • ギフトが複数ある場合は、梱包数と同数を選択してください。(組み合わせが複数ある場合は、通販注文時の備考欄に記入してください。)

やさしい猫

現在品切れ
15,000円(税込)以上で送料無料※ 一部適応されない商品があります。
LINE再入荷通知を受け取る

家族の絆が法によって断ち切られる。
当たり前の日常のために立ち上がった家族の物語。

自分事として考えられていなかった社会問題を、平素な文体で、中学生の主人公・マヤの視点で曇りなく切り取る。今抜本的な見直しが迫られる入管行政に迫った本書は、私たちが真に向き合うべき問題の本質を照らす。声なき人の声に耳を傾け、新しい扉を開ける鍵。読後あなたの世界は確かに変わる。(うなぎBOOKS 本間)

内容紹介

シングルマザーの保育士ミユキさんが心ひかれたのは、八歳年下の自動車整備士クマさん。

出会って、好きになって、この人とずっと一緒にいたいと願う。当たり前の幸せが奪われたのは、彼がスリランカ出身の外国人だったから。

大きな事件に見舞われた小さな家族を、暖かく見守るように描く長編小説。

中央公論新社 HP

著者プロフィール

中島 京子(ナカジマ キョウコ)
一九六四年、東京生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒。出版社勤務、フリーライターを経て、二〇〇三年に小説『FUTON』でデビュー。以後『イトウの恋』『ツアー1989』『冠・婚・葬・祭』など次々に作品を発表し、二〇一〇年、『小さいおうち』で直木賞を受賞。一四年に『妻が椎茸だったころ』で泉鏡花文学賞を、一五年に『かたづの!』で河合隼雄物語賞と柴田錬三郎賞、及び『長いお別れ』で中央公論文芸賞を受賞。その他の著書に『エルニーニョ』『眺望絶佳』などがある。

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
Art Products
Knowledge
ご進物・法人Gift & Order
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊

読み込み中…