ちゃぶ台 ⑨ 特集:書店、再び共有地

ちゃぶ台 ⑨ 特集:書店、再び共有地
ちゃぶ台 ⑨ 特集:書店、再び共有地
品番70003070
出版 ミシマ社
著者 ミシマ社(編集)
出版年月日 2022年5月30日
サイズ 約19×約15×約1.5 [cm]
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-909394-67-5
配送方法 レターパックライト
他商品と合わせてご購入いただく場合はレターパックプラス、もしくはゆうパックを選択してください。
取扱店舗 うなぎBOOKS / 旧寺崎邸
ブックカバー
  • ご覧になっているモニター環境などにより実際の色と異なって見える場合があります。
  • 実店舗でも同時に販売しておりますので、タイミングによっては欠品の場合がございます。万が一欠品していた場合にはご連絡させていただきます。予めご了承ください。
  • ギフトが複数ある場合は、梱包数と同数を選択してください。(組み合わせが複数ある場合は、通販注文時の備考欄に記入してください。)

ちゃぶ台 ⑨ 特集:書店、再び共有地

現在品切れ
15,000円(税込)以上で送料無料※ 一部適応されない商品があります。
LINE再入荷通知を受け取る

本を通じて進化する交流。
ちゃぶ台の如く様々な役割を担う、新たな共有地の姿を探る。

「ちゃぶ台」とは、そもそも何なのか。
2021年に刊行された『ちゃぶ台⑧』の冒頭には、このように紹介されている。

“食卓にもなれば、談笑の場にもなる。それを囲むだけで、ふしぎと緩やかなつながりが生まれる。(中略)ただそこにあるだけで、場が和んだり、無用な対立を解消する。”

ちゃぶ台は、そうあろうとしている意思を持つ物体ではない。
ただそこに存在するだけで、そのような複数の機能と役割を、自然と併せ持つモノである。
家という生活の場の中心に静かにたたずみ、道具として使われる。時に折りたたまれ、私たちに「何ものでもない」場所と、創造性を提供する。
ちゃぶ台に意思はなくとも、ちゃぶ台を作り届ける人びとは、そんな祈りにも似た意思を持っているのではないか。

そんな名前を冠する雑誌が、いよいよ『共有地』としての『書店』を特集する。
幼いころから本と活字に囲まれてきた。今や精神的にも、物理的にも、一日の大半を本と共に過ごし、本を介したコミュニケーションを生業として、私の暮らしは成り立っている。
書店は共有地であるという概念は、私にとってはとても自然なことだが、その概念が雑誌を通して周知されることは、これ以上はないほど嬉しい。
コミュニティや街の中心に、書店という共有地が、かつて当たり前にあったこと。
そして徐々に失われつつあること。
しかし少しずつ形を変えながら、意思ある届ける人びとの手によって、共有地として戻りつつあること。
この号に、うなぎBOOKSの名を連ねた喜びを噛みしめながら、文字を編み、本を作る、意思ある人びとの共有地たる雑誌を紹介したい。

意思として。祈りとして。

(うなぎBOOKS 本間)

内容紹介

特集:書店、再び共有地
現代に生きる「共有地」たりうる本屋さんを渾身取材!!

Seesaw Books(北海道・札幌)
ブックカフェ「フルハウス」(福島・南相馬)
栞日(長野・松本)
Antenna Books & Cafe ココシバ(埼玉・川口)
ポルベニールブックストア(神奈川・鎌倉)
ブックハウスひびうた(三重・津)
毎日食堂/MAINICHI STORE(兵庫・南あわじ)
ウィー東城店(広島・庄原)
汽水空港(鳥取・東伯)
うなぎBOOKS 旧塚本邸(福岡・八女)

◎特集対談
平川克美×辻山良雄
「小商いをはじめたら、共有地ができてしまった―――喫茶店店主と書店店主が語る」

*特集に寄せて
社会を安定的に持続させてゆくためには、社会の片隅にでもいいから、社会的共有資本としての共有地、誰のものでもないが、誰もが立ち入り耕すことのできる共有地があると、わたしたちの生活はずいぶん風通しの良いものになるのではないか――平川克美『共有地をつくる』

この一文のあと平川さんは、「国家のものでもないし、『私』のものでもない」、「自分一人で生きてゆくのではなく、かといって誰かにもたれかかって生きているわけでもない場所」と共有地を定義づけます。たとえば、喫茶店、銭湯、居酒屋、縁側など。
これを読んだときすぐに、間違いなく書店もそうだ、と直感しました。なぜなら、私たち(ミシマ社)は書店さんと日々、直取引をおこなうなかで、書店という場が読者、のみならず地域の人たちにとってどんどん「共有地化」しているのを感じていたからです。
いえ、なにも急に起こった現象ではありません。むしろ逆で、かつてはほとんどすべての書店がそうだった。そして、一部はそうでなくなっていた。が、いま再び共有地となっている本屋さんが次々と現れている。同時にその姿はかつてと同じではない。つまり、強すぎる地縁や共同体意識などから解放されてある。
かつてあった、ということは今もできるという裏返し。
かつて、と違うかたちなのは、現代社会が希求するかたちへ変形したということ。
現代の共有地はこうしたふたつの希望を抱えて現出してきつつあるのではないでしょうか。

本特集では、現代に生きる共有地たりうる本屋さんを、普段よりお付き合いさせていただいているミシマ社の営業メンバーたちが取材しました。

(本誌編集長 三島邦弘)

株式会社 ミシマ社 HP

目次

益田ミリ 「いつもの今日」(漫画)
特集:書店、再び共有地
Seesaw Books「行き場を失った人のシェルターに」
ブックカフェ「フルハウス」「ただそこに居ることができる”魂の避難場所”」
栞日「自分のスタバをつくりたかった!?」
Antenna Books&Cafeココシバ「移民の町で」
ポルベニールブックストア「お客さんが『雑談』をする!?」
平川克美×辻山良雄「小商いをはじめたら、共有地ができてしまった―――喫茶店店主と書店店主が語る」(対談)
ブックハウスひびうた「生きづらさを感じる人の居場所として」
毎日食堂/MAINICHI STORE「想像を馳せる買い物」
ウィー東城店「お客さんの要望を聞くうちに『よろず屋』」
汽水空港「『食える公園』という名の畑がある」
うなぎBOOKS 旧塚本邸「ニュルニュルと入り込む」
三島邦弘「おっぱいとトラクター」(ブックレビュー)
津村記久子「西京極の共有地」(エッセイ)
三好愛「でてきたよ」(絵と言葉)
中村明珍「何様ランド―――共有地in周防大島」(エッセイ)
尾崎世界観「会うと」(小説)
内田健太郎「マルシェのない生活」(エッセイ)
高橋久美子/渡邉麻里子
「怒られの二人―――それでも今、行動する理由」(対談)
滝口悠生「勝手と昼寝」(小説)
齋藤陽道「溶けて在る」(フォトエッセイ)
斉藤倫「ゆっくりながれぼし」(児童文学)
前田エマ「高校受験」(エッセイ)
土井善晴「おいしいもの」(随筆)
榎本俊二「ギャグマンガ家山陰移住ストーリーPART8」(漫画)
藤原辰史「シェアの痛みから考える」(論考)
松村圭一郎「『共有地の悲劇』が起きない理由」(論考)
作・益田ミリ/絵・平澤一平「モギーさん郵便です」(漫画)
松嶋健「基盤的コミュニズムをめぐる断章―――〈縁〉と多孔性」(論考)
寄藤文平「位置の話。未来の描き方 その3」(絵と言葉)
編集後記

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
Art Products
Knowledge
ご進物・法人Gift & Order
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊

読み込み中…