ARCSIDEGOA ブラック

久留米の国産靴メーカー

現代に合わせた履く文化を

ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
ARCSIDEGOA
品番10020365
10020366
10020367
10020368
10020369
10020370
10020371
つくりて
地域福岡・久留米市
取扱店舗旧寺崎邸/
サイズ22.0cm ~ 28.0cm / 足囲 1E(1cm刻み)
原材料 キャンバス (CANVAS) , ラバー (FINE VULCANIZED RUBBER)
  • ご覧になっているモニター環境などにより実際の色と異なって見える場合があります。
  • 実店舗でも同時に販売しておりますので、タイミングによっては欠品の場合がございます。万が一欠品していた場合にはご連絡させていただきます。予めご了承ください。
  • ギフトが複数ある場合は、梱包数と同数を選択してください。(組み合わせが複数ある場合は、通販注文時の備考欄に記入してください。)
福岡久留米市,

ARCSIDEGOA ブラック

現在品切れ
15,000円(税込)以上で送料無料※ 一部適応されない商品があります。
LINE再入荷通知を受け取る

ヴァルカナイズ製法で作られるスリッポンタイプ

ムーンスター久留米工場のヴァルカナイズ製法で作られる、「FINE VULCANIZED」シリーズ。この製法は、靴のパーツを全部貼り合わせて靴形にしたものを釜に入れ、高温で圧力をかけることでゴムに含まれる硫黄分が化学変化し、引っ張ると切れてしまうゴムを固形化、靴全体も接着するというものです。日本語では「加硫製法」とも呼ばれています。

加硫前のゴムを操る熟練の手仕事でしか生み出せない精巧で美しい作りの良さが魅力です。この製法はソールがしなやかで柔らかい、丈夫で壊れにくい、美しいシルエットが保てるといった良さがあります。

ARCSIDEGOA(アークサイドゴア)は、脱ぎ履きしやすいスリッポンのデザインに、特徴的な三日月形のトゥキャップを付けたモデルです。

ヴァルカナイズ製法とは?

多くの職人の手を通り、時間と手間を要するムーンスターの代表的な製法

靴のパーツ一つ一つを切り抜き、組み立て、貼り合わせるなど、工程のほとんどが手作業で、ひとつの靴が出来るまでに多くの職人の手を渡っていきます。工程中のゴムは生ゴムの状態。切れやすくて、伸びやすく、扱いずらさもあるため、熟練の技術とノウハウが必要となります。ムーンスターが培ってきた靴製造技術の代表的な製法です。

120℃の窯で約1時間。窯入れされて出来上がる靴

多くの工程を経て組み立てられた靴は、最後に「加硫缶」と呼ばれる窯に「窯入れ」され、「加硫」の工程へ。120℃の窯で約1時間ほど熱と圧力を加えることで、ゴムに混ぜられた硫黄分が化学変化を起こし、しなやかで丈夫なゴムになり靴が出来上がります。時間と手間を要するので量産は難しい製法で、国内でもごく僅かな工場でしか生産できません。

ヴァルカナイズ製法でつくられる靴の特徴

・ソールがしなやかで柔らかく、丈夫
・耐久性がある
・美しいシルエットが保てる

つくりて紹介

ムーンスター

国産靴メーカー/福岡県久留米市
全86商品

株式会社ムーンスターは1873年に福岡県久留米市で創業した靴メーカーです。地元では学校用の上履きなどで知られ、ブリヂストン、アサヒシューズと並んでゴム三社と称されます。創業当初は足袋の製造を行い、1894年に日本で初めて…

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
ギフトボックスGift Box
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊