飯碗 泰秋作

小代焼を代表する窯元

スリップウェアなども

飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
飯碗 泰秋作
品番11100019
色・柄/
素材陶器/
つくりて
地域熊本・荒尾市
取扱店舗旧寺崎邸/
サイズ直径(φ)11.5×高さ(H)5.5[cm]
※個体差がありますので概寸です。
原材料 陶土
  • 焼物は特性上1点1点焼き上がりに差があり、色の安定が難しい品です。また、形状やサイズ は1点1点微差がございます。なるべく写真に近い物を仕入れておりますが、その点ご理解頂ける方のみのご購入をよろしくお願い致します。
  • ご覧になっているモニター環境などにより実際の色と異なって見える場合があります。
  • 実店舗でも同時に販売しておりますので、タイミングによっては欠品の場合がございます。万が一欠品していた場合にはご連絡させていただきます。予めご了承ください。
  • ギフトが複数ある場合は、梱包数と同数を選択してください。(組み合わせが複数ある場合は、通販注文時の備考欄に記入してください。)
熊本荒尾市,

飯碗 泰秋作

現在品切れ
15,000円(税込)以上で送料無料※ 一部適応されない商品があります。
LINE再入荷通知を受け取る

小代焼・ふもと窯

小代焼・ふもと窯の飯碗です。こちらは現当主で2代目の井上尚之さんの父親で井上泰秋(たいしゅう)さんの作です。
近辺で採れる土や藁灰から作った陶土や釉薬で仕上げた、小代焼らしい青白く白濁した小代焼の定番です。ろくろで成形後、山の斜面に沿って複数の窯を連ね下方から上方に熱を送る連房式登窯(薪窯)で焼き上げます。
泰秋さんは京都で作陶を学び、倉敷の民芸運動家で染色家の外村吉之介氏との出会いをきっかけに、故郷熊本に仕事場を移し独立。1968年に小代焼 ふもと窯を築窯しました。現在はふもと窯の作品の多くを尚之さんが手がけていますが、今も昔ながらの小代焼を守り、大皿などの大物も作り続けています。

つくりて紹介

ふもと窯 ふもと窯

ふもと窯

小代焼窯元/熊本県荒尾市
全20商品

熊本県荒尾市小岱山。ここから産出される小岱粘土を使った陶器が“小代焼”と称され始めたのは江戸後期ですが、すでに平安時代から一大窯業地帯として栄えていたと言われています。肥後藩の御用窯として茶陶も焼きましたが、日用雑器も数…

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
ギフトボックスGift Box
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊