靭猿

サラリーマンを全うした後

地域の伝統を継ぐ高柳さん

靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
靭猿
品番10640013
素材土器/
つくりて
地域佐賀・神埼市
取扱店舗旧寺崎邸/
サイズ幅(W)6×奥行き(D)6×高さ(H)8[cm]
※個体差がありますので概寸です。
仕様土、絵の具
  • 手仕事の品なので、写真に近いものを仕入れておりますが 一点一点微差がございます。あらかじめご了承ください。
  • ご覧になっているモニター環境などにより実際の色と異なって見える場合があります。
  • 実店舗でも同時に販売しておりますので、タイミングによっては欠品の場合がございます。万が一欠品していた場合にはご連絡させていただきます。予めご了承ください。
  • ギフトが複数ある場合は、梱包数と同数を選択してください。(組み合わせが複数ある場合は、通販注文時の備考欄に記入してください。)
佐賀神埼市,

靭猿

現在品切れ
15,000円(税込)以上で送料無料※ 一部適応されない商品があります。
LINE再入荷通知を受け取る

佐賀県神埼市の尾崎人形「ウツボザル」

尾崎人形は、佐賀県神埼市に伝わる素焼きの人形です。その歴史は古く、蒙古が襲来した元寇の際、捕虜となった蒙古軍の兵隊が人形を作って吹き鳴らし、遠い祖国を偲んだのが起源だとされます。

一度は廃れましたが、1990年に尾崎焼保存会を結成し復活。現在は唯一のつくりてである高柳政廣さんが型や窯を受け継いでいます。

「靭猿」は、狂言の演目の一つです。猿に芸をさせる猿引が連れた猿を見た大名が、「靭(矢を入れる道具)にしたい。猿の皮をよこせ」と命じます。猿引が泣く泣く杖で叩いて殺そうとすると、猿は芸の合図だと勘違い。その健気な姿を見て心打たれた大名は己の非を認め、最後は笑顔で一緒に踊ったというあらすじです。

つくりて紹介

尾崎人形保存会 尾崎人形保存会

尾崎人形保存会

郷土玩具/佐賀県神埼市
全15商品

尾崎人形は佐賀県神埼市神埼町尾崎西分地区に伝わる素焼きの人形です。県内の陶磁器の中で最も古く言い伝えによれば、鎌倉時代中期、蒙古(モンゴル帝国)が襲来した元寇の際、捕虜となった蒙古軍の兵隊が人形を作って吹き鳴らし遠い祖国…

CLOSE
  • カテゴリーCategory
  • つくりてMaker
  • 素材Material
  • カラー・柄Color, Pattern
うなぎオリジナルUna Products
Clothing
Tableware & Foods
Houseware
ギフトボックスGift Box
つくりてMaker, Designer
素材Material
カラー・柄Color, Pattern
代表取締役 白水

代表係
白水

春口

キュレーター
春口

富永

交流・交易
富永

渡邊

リサーチャー
渡邊