facebook
twitter

【商品紹介】幸福のホーホーホー もんぺ博・文化祭まであと15日!

5月 10th, 2018

【商品紹介】幸福のホーホーホー
もんぺ博・文化祭まであと15日!

福岡県北部の方に位置する津屋崎。そこの言葉でフクロウのことを「モマ」と言います。かつてはお年寄りがこのモマ笛をホーホーと吹くことで気道を広げ、食べ物が喉に詰まらないようにしていたそうです。フクロウは世界中でも幸福をもたらすと言われていますが、うなぎの林田くんも、以前企画したモマ笛の絵付け体験が、運命の女性と付き合うきっかけになったんようです。絵付けに興味がある方、そして幸福を呼び込みたい方、ものづくり文化祭の絵付け体験でお待ちしています!(お申し込み方法・内容は下記)桑原
ー 商品紹介 ー
商品名:モマ笛
作り手:筑前津屋崎人形巧(福岡県福津市)
通販→http://shop.unagino-nedoko.net/?mode=grp&gid=898401&sort=n
++++++++++++++++++++++++
※お申し込み方法は、お電話、メール、もしくは下記URL内下方にある申し込みフォーマットよりお申し込み下さい。
TEL / 0943-24-8021(旧寺崎邸)
http://unagino-nedoko.net/2018monpe-kyushu-bunkasai/
「開運のフクロウ – 津屋崎人形のモマ笛絵付け体験」
① 5月25日(金) 11:00-12:00 @旧八女郡役所
② 5月25日(金) 13:00-14:00 @旧八女郡役所
③ 5月26日(土) 10:00-11:00 @旧八女郡役所
④ 5月26日(土) 14:00-15:00 @旧八女郡役所
– 内容  津屋崎人形とモマ笛のお話+「モマ笛」絵付け体験
– 参加費 2,000円(材料費込み) / 募集人数 最大20名
津屋崎人形の「モマ笛」は、津屋崎(福岡県北部)地区で古くから作られている土人形。開運と商売繁盛の神様としても知られる「宮地嶽神社」のフクロウ伝説が元になっています。石膏型に土をつめて成形し、窯で焼いて、一つ一つ絵付けをしてできる素焼きの郷土人形。今回は家業を引き継ぐべく奮闘する若き7代目の原田翔平さんに、家業である人形作りについての思いや未来への夢なども聞きながら、オリジナルの「モマ笛」をつくる絵付け体験を開催します。作り手の個性が感じられるあなただけの津屋崎人形、ぜひ一緒に作ってみませんか?


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.