facebook
twitter

【イベント】オールユアーズ「なるほど なるほどの生活服展」

6月 2nd, 2018

歴史も解釈しながら人間のための服を。男女兼用の日常着を提案。
技術(skill)と機能(spec)と日常(life)のバランスが素晴らしい。

オールユアーズの木村さんとは「産地の学校」という株式会社糸編の宮浦さんが開催するファション関係者向けの学校で、僕(白水)が講師として呼んで頂いた時にお会いしました。ヒゲもしゃもしゃで、でもおしゃれで、僕は萎縮していました。なぜなら僕はファッションと縁遠い坊主のもっさり系なので。会場はおしゃれな若い人たちばっかりで大丈夫かなと心配していたのですが、心配無用でした。

木村さん、衣服・繊維の話をしだしたら止まりませんでした。その時は「キテテコ」というオールユアーズの商品を着てらっしゃって、Tシャツなのですが「なんかかわってるなー。」と思って聞いてみると技術やTシャツ、そして生産に対して、使われ方に対しての考え方が湯水のように口から溢れ出てきました。僕らは3時間、繊維業界、そして技術の編集や伝え方について議論しました。

話を戻すと、Tシャツというのは、普通は「編み」の技術でつくられます。カットソーと呼ばれるものですね。しかし、それは江戸時代から作られているステテコを作る技術を使って、織りを使ってTシャツをつくるというマニアックな作り込み方をしていたのです。ステテコという綿100%で、肌着として機能素材として親しまれていたものを、現代における普段着であるTシャツに落とし込む。しかし、織りという技術の特性上伸びがそこまでないので、糸の捻りの設計や、襟のボタンなどで、逃げをつくって、着心地を担保していく。なんというか、すごいなーと感じました。

僕らが、久留米絣のもんぺでやったことも同じだと思います。昔から農作業着において親しまれていた機能的なもんぺを、現代に普段着できるように編集しなおす。ただ「おしゃれだから」とか「歴史が素晴らしいから」とかではなく、自分たちの感覚を信じ、なおかつ技術的な理論もしっかりと捉え直しながら考える。木村さんの使い手であるユーザーを中心に据えたものづくりに、僕は共感し、その場で意気投合しました。

オールユアーズは、様々な機能素材に着目して、日常着を構築しています。「なるほどなるほど」と思えるものばっかりです。科学が発展した現代において、こういう日常着と、機能というのはゆるやかに融合していく時代だと思います。「生活」という視点で、それを編集しているオールユアーズさんの活動を、僕らが暮らしている地域のものづくりをしている方々に見てもらいたいなと思って、この企画を行いました。ぜひお越しください。

ぜひ、袖を通してほしい。展示販売会します!!
オールユアーズの商品ラインナップ

1.HANDS UP 服の表面に汗や水分のシミが見えないシャツ
2.ONE SWING 水をはじくコットンパーカー
3.PANSY ジーパンが持ついろんなストレスを解決したジーパン
4.CATCHER 消臭機能を持ったTシャツ
5.DEFENDER 実は綿入りのシャツとパンツ。見えない暖かさ。
6.HIGH KICK 柔らかいノビーノビー生地のジーパン
7.FAST PASS 吸水速乾の日常着提案
8.KITETECO 江戸時代からのステテコ生地の応用Tシャツ
その他もあるよ。

オールユアーズ「なるほど なるほどの生活服展」

会期:2018/6/14(木)- 25(月)
休み:火曜・水曜
時間:11:30-18:00
会場:旧寺崎邸 2F
住所:福岡県八女市本町327
電話:0943-24-8021
オールユアーズのHPもご覧ください。
https://allyours.jp

代表木村さんのトークイベントも開催

◉開催概要
日時 2018年 6月17日(日)
時間 16:00-18:00
※トーク後に交流会(18:00-20:30)も開催 / 要予約
場所 旧寺崎邸
料金 1,000円 / 懇親会 +1500円  ※懇親会は 20:30 まで
※交流会は八女市黒木町の「たかっぽ」の郷土料理や地酒・ソフトドリンクをご準備します。
定員 30人(要予約)
詳細はこちら


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.