facebook
twitter

新茶の季節 – 源太さんの茶器

4月 25th, 2012

八女と言えば「お茶」というイメージが定着しているくらい、ここはお茶の産地である。

この時期になると(といってもまだ住んで3年目だが)新茶の季節で、星野村に行く途中や、至る所で、製茶するお茶の香りがプーンとしたりする。かなり気分がよくなる。そして、お茶を飲みたくなる。僕は佐賀出身で嬉野茶に親しんできたのだが、八女にきて、もっぱら八女茶を頂いている。嬉野よりはまろやかでおいしいと思う。妻の実家はお茶を飲みまくる。買い方も小売りではなく、年単位購入し、何十キロと買うのだ。僕はそこのお茶が大好きになりいつも飲んでいる。星野村の山本源太さんの湯飲み、湯冷ましを使わせて頂いている。お茶の色が本当にきれいに見れる器。湯冷ましもお気に入りだ。

お茶、源太さんの器ともお店では扱っていきたいと思っている。

きれいな色がでる。縁側で飲むお茶は格別。


源太さんのギャラリーで頂いた菓子。器はもちろん源太さん。いい。


新茶の時期なのに、黄砂がすごくて、少し残念だ。


さて、一服お茶でもしようか。

Facebookを日々更新しています。
Twitterでシラとハルのつぶやきを。

2012 / 4 / 25
白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.