facebook
twitter

店を閉める時の儀式「大戸」

8月 19th, 2013

うなぎの寝床の建物は明治後期に建てられたものです。

その建物を建築家の中島さんが調査して、修繕したものです。その中でもうちのお店で象徴的な部分は「大戸」です。夏は開け放ち、冬は閉じて、にじり口のような部分から入れるようにしています。
今回は、その大戸を閉める様子を写真にとってみました。この大戸がなかなか重いので、持ち上げれなくなったら、商売を止めようと思います。上げれなくなる日がくるまでお店が続けれますように。

お店に来た際、大戸の開け閉めが見たい方は店長ハルに一言どうぞ。お披露目します!

707708709710711722723724

通信販売/遠くの方で商品お買い求めのかたはこちら。
Facebook/最新情報や商品情報をアップしていきます。
Twitter/本当に白水がつぶやいているだけです。
Instagram/写真中心に。

白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.