facebook
twitter

山口和宏さんちへ椅子を見に。

9月 27th, 2013

うきはで木工をやっている山口和宏さん。

お盆はうなぎの寝床で扱っていたのですが、その時につくっていた椅子もいいなと見せて頂いていて、取り扱わせてもらうことにしました。木はナラ、座面の皮の種類は4種類から選べるようにします。販売は来年2月頃からになりそうです。お楽しみに。

個人的にも、机と椅子を2脚頼ませてもらいました。机は一本大きい丸太を買ったらしく「それを乾燥させてつくらせてもいいですか?」と提案してもらい、急いではないので「ぜひぜひ。」と返事をしました。2年ほどかかるそうです。しっかり木を乾燥させて、その状態を見ながら脚との設置面の関係を考えていくそうです。なんだか面白いなぁと。今どんどん物を作り出しては消費していく世の中で、木工の方は本当にコツコツだと思います。お弁当箱をつくっている関内さんと話していてもそう感じます。
お盆をつくった時も木を選んだり、寝かせたり、考えたりしてもらい1年間かけてつくっていただきました。その時もやりとりが面白くて「やっぱり、この木が良さそうなのでこちらでいいですか?」とか「機械を買って、加工の方法を少し変えようと思うのですがいいですか?」といろいろ試してもらって結果完成しました。個人的に頼んだものでしたが、その後サイズ展開され商品となったようでとてもよかったです。たまにやりとりをしながら、できあがってくる机を楽しみに待ちたいと思います。おわり。

804 山口さんの椅子。

806 背もたれ。

807脚。

通信販売/遠くの方で商品お買い求めのかたはこちら。
Facebook/最新情報や商品情報をアップしていきます。
Twitter/本当に白水がつぶやいているだけです。
Instagram/写真中心に。

白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.