facebook
twitter

半年間ありがとうございました。

12月 25th, 2012

7月にお店をオープンして半年、今日から年末休みに入りました。

ちょうど去年の今頃、僕はこのうなぎの寝床がある町家へ引っ越しをしてきました。12月28日くらいだったかな。それまではここから500mくらいのところに住んでいて、車で何往復もして荷物を運んだことを覚えています。あっという間の1年でした。3月で前働いていた仕事の任期が終わり、大学から一緒に仕事をしているハルとお店をはじめることを決めました。「お店をはじめる」って決めたはいいものも、何からしていいかよくわからないので、とりあえずもんぺ博覧会を開いて、什器をつくったりしてたら、あっという間に7月になりなんとかオープンできました。銀行にもろくに通ったことないし、領収書はどうやって切るのか?仕入れはどうやってやるのか?「カード決済できますか?」なんてはじめっから聞かれたから、よしやるかとカード会社と契約したり、運送会社と話したり。縁あって、長野のわざわざさんの所へ遊びにもいけたし、長崎にいったり、福岡へいったり。とりあえず思いついたことを色々と試してみた半年間でした。
来年からは、おちついて効率よくイベントを企画して、お店を運営していこうと思っていたのですが、なんと1月に日程は決めている展示会のチラシもまだできておらず。個人の仕事も重なって、頭の中にぼんやり考えていることが、なかなか具現化するのに時間がかかっています。個人的にも、今年はいろんなことがありました。豪雨災害もあったし、友人は不慮の事故に巻き込まれ亡くなってしまったが、僕には子供ができて。いろいろ勉強にもなったし、実のりある1年だったと思います。

半年間の間に、多くの方にお店に足を運んでいただきました。
僕は情報発信担当なので、ハルと話した方の方が多いとは思います。
本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

といいながら、僕は今年の仕事がまったく終わっておりません。
ちゃんと仕事を終えて、年を越せるか不安です。
では、がんばります。
また。

年末のブログは「たぶん」更新します。
さらば。


前の家の机。今の机の上も変わらない。変わらない良さもある。


うなぎの寝床に引っ越してきたばかり。こんな感じでした。


実は板の間や床の間は赤茶色で照明が入っていたのです。


日田の意匠職人 町谷一成氏に手伝ってもらいながら、壁を塗りました。


床の間、板の間はプロにやってもらいました。


内装の什器は、土木用のコンクリートやコンパネを利用してうなぎの大道具ハルが自作。すばらし。


この階段下が、僕が1年間作業している事務所です。僕はデザインなんかもやってるんです。


長野は楽しかったなー。昨日わざわざさんのシュトーレン食べたけどおいしかった。


雲が近くて、朝と夕の散歩が最高だったなー。あ、朝飯も。


うなぎの寝床のブログではあまり触れていませんでしたが、豪雨災害もありました。


仕入れも、つくりての人にいろいろ教わりながら、勝手がようやく掴めて来ました。


去年の冬の様子です。庭の石灯籠に白い帽子。

さてさて、ではよいお年を。

twitter – うなぎの寝床の日常を。
facebook – 随時情報を更新中。
RSS – キャッチしてもらったらありがたや。
Tumblr  – 写真を大きいサイズでストック。

2012 / 12 / 25
白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.