facebook
twitter

もんぺの着方1 – 農作業で

5月 14th, 2012

もんぺ博覧会まであと一週間と少し。それまで、もんぺ情報をコツコツお知らせしようと思う。

もんぺは昔から農作業着として親しまれてきた。今でも農作業として使用している方が大半だと思う。一番は機能的にも最高だということ。久留米絣の生地は綿素材で、汗もよく吸うし肌触りもいい。洗濯しても乾きやすい。さらに丈夫だ。写真のもんぺは今回販売分ではないが、昔っからの七宝柄のもんぺだ。なかなかいい。
前、仕事で東京の人と話していて、もんぺの話題になった。都会では週末農業をしている人が都会でも増えているけど、農作業でも使えて、普段着にも着れる服がなかなかないようだ。そんな方にはおすすめなのだ!

着方の紹介はつづく...

 

もんぺ博覧会

日時:5月23日(水)〜27日(日)
時間:10:00〜18:00
場所:八女伝統工芸館
入場:無料
展示:久留米絣の素材-木綿のこと / 「ハルのもんぺ作り」から久留米絣のことを。
販売:久留米絣もんぺ(7,800円〜)・ハーフパンツ(7,800円〜)・もんぺ型紙(1050円)・ハギレなど

Facebookを日々更新しています。
Twitterでシラとハルのつぶやきを。

2012 / 5 / 14
白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.