facebook
twitter

うなぎの差し入れ

7月 7th, 2012

7月1日オープン時、前の職場のボスがお土産に持ってきてくれた一品。そう「うなぎの蒲焼き」

「うなぎの寝床」という名前は、八女の町家でやっていこうと決め、間口が狭く、奥に長い家のことをそう呼ぶため、それをそのまま屋号に使った。お店をオープンするまでは名刺を渡したとき「うなぎ屋ですか?」と何度も聞かれた。ちょっと紛らわしい屋号だが、ちょっとコッテリした印象の名前に愛着も感じている。そして、この名前にしたことで、うなぎの蒲焼きを貰えたことに幸せを感じると同時に、少しシメシメという感情がなきにしも非ず。うなぎは柳川は有明海の海の顔「夜明茶屋」さんのもの。おいしかったなー。

あー、また食べたいな。お皿は有田の陶器市で買ったもの。

Facebookを日々更新しています。
Twitterでシラとハルのつぶやきを。

2012 / 7 /  7
白水


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.