facebook
twitter

【暮らし】町家にあかり。

2月 6th, 2015

町家に明かり

あかりの先に、人の温もり。

去年の4月、お隣にゲストハウス川のじができました。冬の間でも僕らが店を締めて帰る時、となりにあかりがポッと照って、中からわいわいと酒を酌み交わし、談笑している様子が伝わってきます。八女はにぎやかな町ではないですが、ゆったりとしたペースで時間が流れいいところだと思います。町並みは、とりたてて素晴らしい町とは僕は思っていません。いくつかの時代の流れが層となって、混沌としている部分もおおいにあります。それはそれで現在地の姿でまぁ、いいと思っています。一番大事なことは、地に足がついた人がたくさんいることです。

全ての建物が商売を始めたらいいとは思いません。普通に住めて、普通に会社に通う人がいてもいいし、新しく自分なりの夢を叶える人がいてもいい、使命感にかられて何かをはじめる人がいてもいい。ただ、町家にあかりがともって、気配が感じられるような町はいいと思いました。

町中はまだしも、山間部は空き家がたくさん増えています。そのうち、そこにもあかりが灯っていくように、携わっていけたらいいなと考えています。では、また明日。

白水

 


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.