facebook
twitter

【シャチョーが本を買う理由】『冷蔵庫』編

6月 28th, 2016

うなぎの寝床代表・白水と私、研究係・岡本の共通の趣味は本です。もはや双方趣味という域ではないかもしれませんが、ともかく共通点はそこです。

ある時、京都で一緒に本屋巡りをする機会があり、ちょっと毛色の変わった本屋さんを1日で3軒まわりました。めちゃめちゃ楽しかったです。散財しましたが本になら本望です。

「本は仕方ないよねー」これが白水と私の合言葉です。しかし、シャチョーの選書と私の選書が重なることはほぼありません。「なんでそれ?」と思うことしばしばですが、彼には彼なりの理由があるようです。きっと彼も、私に対して同じことを思っていることでしょう。多分お互い様です。

さて今回の『冷蔵庫』ですが、調べてみたら、著者である写真家・潮田登久子は漫画家のしまおまほの母親でした。血を感じます。

参考URL: http://www.usimaoda.com/ushioda/icebox.html

岡本

********************************

『冷蔵庫』

何かに特化している本にわりと興味があって集めている。この本は冷蔵庫とその周りの環境、そして使われ方から人が見える本である。大きく考察ポイントを分けると三つ。

1.冷蔵庫とその周辺環境から読み取れる使う人の性格と規模感
2.中身の整い方と乱雑さの考察
3.冷蔵庫にはるメモ紙やあれこれの面白さ

この三点だ。

あとは淡々と撮り続けられる冷蔵庫を眺めるという、ある意味何も答えをくれない湖を眺めているような、押し付けがましくない構成が好きだ。以上。

13516502_1173657969422591_2681356014819821117_n

冷蔵庫―潮田登久子・写真集 (BeeBooks)

中古価格
¥10,000から
(2016/6/28 19:59時点)


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.