facebook
twitter

【トークイベント】ろくろ舎・酒井さんのお話

4月 7th, 2019

【トークイベント】ろくろ舎・酒井さんのお話

先週開催したろくろ舎・酒井さんのトーク会。実はこのトーク会は酒井さんから頂いたお話でした。
漆器という知らない方からすれば謎の多い素材。福井という九州の方からすれば遠く感じる土地。北海道から福井に移住して、過去にはパン屋だった経歴のある酒井さんという不思議な人物。1時間という短い時間ながらも、質疑を交えてじっくりお話を伺うことで酒井さんの考えが少しずつ分かってきました。

10年、20年先を考えて漆器を紐解き伝えていく。これが酒井さんが全国を飛び回っている理由の一つです。今回のトーク会もその一環だと思いました。

師匠に弟子入りし、長年の修行時代を経て一人前になるという工芸の世界からすると酒井さんはまさに異端児。海外を旅行したり、企業に就職したり、パン屋さんになったり、丸物木地師になったり。流れに身を任せつつ、でも走り続けているといった印象です。
酒井さんは自ら道を切り開いてきたと表現するのではなく、走り続けることで周りが助けてくれたり、チャンスが訪れてなんとかなってきたと言われていました。木地師として働く今は、仕事を頼んでくれる方がいるから期待に応えたい、また産地には若い木地師がいないから後に続く下の世代をつくりたい。このように酒井さんの言葉には常に周りの人の存在があります。周りには頼るが感謝して責任を果たす。その形がオンリー椀なのです。

今回の企画展ではそのオンリー椀の受注をはじめ、木地師や下地師・塗師の工程と漆器について、酒井さんの取り組みについて知ることができる展示になっています。是非会場に足を運んでください!

大きくするより小さくしなやかにしていきたい、そう語る酒井さんの現在の願望はろくろが挽けて漆が塗れる移動車を持つことだそうです。近い将来酒井さんのろくろ車が見られるかもしれません。とても楽しみです。前田

オンリー椀受注会

型:椀5型(+1型)、箸2型
塗り:クリア塗装  ,拭き漆(生漆),拭き漆(黒茶),真塗り(黒),真塗り(朱)
価格:椀¥6,000~、箸¥3,000~
納期:クリア塗装、拭き漆 → 約1ヶ月~3ヶ月半、真塗り → 6ヶ月〜

展示・販売

オーダー品のみではなく、ろくろ舎定番品の飯椀、汁椀や杉の間伐材を使った鉢植 TimberPotも同時販売します。

◎福岡うどん 年表の展示もあります!  <資料提供 KIJI (http://ii-kiji.com/)>
福岡ならではのうどん文化を紹介する、うどんカルチャーブック「うどんのはなし」の展示販売(限定10冊)も行います。著者の山田さんが実際に足を運び、多くの人に感動を伝えたいと思った約50店舗を紹介するほか、福岡におけるうどんの歴史を紐解く資料や年表を交えた、うどんがもっと好きになるコラムが満載です。

フリーライター山田 祐一郎が主宰するKIJI。一日一麺をモットーに、麺好きが高じ、現在、日本で唯一(※本人調べ)のヌードルライターとして活動しております。九州を中心に、各地の麺を食べ歩き、原稿を執筆。

【通販】ろくろ舎 TIMBER POT
http://shop.unagino-nedoko.net/?pid=141357791

【通販】ろくろ舎 BASE01 汁椀・飯碗
http://shop.unagino-nedoko.net/?mode=grp&gid=2022655

 

 

 


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.